下の表は「オズボーンのチェックリスト」という、9つの視点からアイデアを発想する手法です。
9つの視点から想像すると、面白いほどアイデアが出てきます。

新事業のアイデア出し9つのポイント

転用:他の使い道

  • 新事業を他の分野で使ったら
  • 新事業をアプリにしたら
  • 新事業を別の場所で使ったら
  • 新事業を別の時間に使ったら
  • 新事業の仮説を否定したら
  • 新事業の王道を外れたら
  • 新事業を自動化したら

応用:他からアイデアを借りる

  • 新事業に似た商品の真似をしたら
  • 新事業に似たモノの真似をしたら
  • 新事業を上司ならどうするか
  • 新事業を「尊敬するあの人」ならどうするか
  • 新事業をライバルならどうするか
  • 新事業を共有したら
  • 新事業を同業者はどうしているか

変更:変える

  • 新事業の色を変えたら
  • 新事業の動きを変えたら
  • 新事業を激しくしたら
  • 新事業の場所を変えたら
  • 新事業のキャッチコピーを変えたら
  • 新事業のニーズを変えたら
  • 新事業の主語を変えたら

拡大:大きく

  • 新事業の面積を大きくしたら
  • 新事業の範囲を広くしたら
  • 新事業の濃度を上げたら
  • 新事業の地域を広げたら
  • 新事業のターゲットを広げたら
  • 新事業の場所を広げたら
  • 新事業のメリットを広げたら

縮小:小さく

  • 新事業を小さくしたら
  • 新事業を短くしたら
  • 新事業の回数を減らしたら
  • 新事業の機能を減らしたら
  • 新事業のターゲットを狭めたら
  • 新事業の価値を狭めたら
  • 新事業を細分化したら

代用:他のモノに代える

  • 新事業を他の人で代用したら
  • 新事業を家で使えないか
  • 新事業を会社で使えないか
  • 新事業を通勤中に使えないか
  • 新事業をネットで使えないか
  • 新事業を代替品にしたら
  • 新事業が注目されたら

置換:入れ替え

  • 新事業の順番を入替えたら
  • 新事業のパターンを入替えたら
  • 新事業の場所を入替えたら
  • 新事業のパーツを取替えたら
  • 新事業を誰かと交換したら
  • 新事業をこっそり入替えたら
  • 新事業の目的を入替えたら

逆転:逆にする

  • 新事業を客観的に考えたら
  • 新事業を主観的に考えたら
  • 新事業の買い手になって考えたら
  • 新事業のデメリットを肯定したら
  • 新事業の常識を否定したら
  • 新事業を捨てたら
  • 新事業をシンプルにしたら

結合:組み合わる

  • 新事業をセットにしたら
  • 新事業の今と過去を組み合わせたら
  • 新事業と利用シーンを組合せたら
  • 新事業をユーザが使ったら
  • 新事業と真逆のモノを組合せたら
  • 新事業が集まったら
  • 新事業に体験を組合せたら