下の表は「オズボーンのチェックリスト」という、9つの視点からアイデアを発想する手法です。
9つの視点から想像すると、面白いほどアイデアが出てきます。

商品のアイデア出し9つのポイント

転用:他の使い道

  • 商品を他に使えないか
  • 商品を他の人が使ったら
  • 商品を別の時間に使ったら
  • 商品を別の目的で使ったら
  • 商品を物語にしたら
  • 商品の王道を外れたら
  • 商品をあなたが使ったら

応用:他からアイデアを借りる

  • 商品に似た人の真似をしたら
  • 商品は昔どう使われていたか
  • 商品を上司ならどうするか
  • 商品をライバルならどうするか
  • 商品を共有したら
  • 商品を他分野はどうしているか
  • 商品を同業者はどうしているか

変更:変える

  • 商品の色を変えたら
  • 商品の形を変えたら
  • 商品を激しくしたら
  • 商品を優しくしたら
  • 商品の強みを変えたら
  • 商品をカスタマイズしたら
  • 商品の常識を変えたら

拡大:大きく

  • 商品を大きくしたら
  • 商品を高くしたら
  • 商品の面積を大きくしたら
  • 商品の材料を増やしたら
  • 商品の成分を増やしたら
  • 商品の目的を広げたら
  • 商品を抽象化したら

縮小:小さく

  • 商品を小さくしたら
  • 商品の範囲を狭くしたら
  • 商品の価値を狭めたら
  • 商品の場所を狭めたら
  • 商品のユーザを絞ったら
  • 商品を無料にしたら
  • 商品を細分化したら

代用:他のモノに代える

  • 商品を他の人で代用したら
  • 商品を他の材料で代用したら
  • 商品を持ち歩けないか
  • 商品を会社で使えないか
  • 商品をプライベートで使えないか
  • 商品のリスクを代えたら
  • 商品を代替品にしたら

置換:入れ替え

  • 商品のパターンを入替えたら
  • 商品のレイアウトを入替えたら
  • 商品の人を入替えたら
  • 商品の場所を入替えたら
  • 商品のパーツを取替えたら
  • 商品をこっそり入替えたら
  • 商品の目的を入替えたら

逆転:逆にする

  • 商品と○○の立場を変えたら
  • 商品の左右を逆にしたら
  • 商品を主観的に考えたら
  • 商品を複雑にしたら
  • 商品をシンプルにしたら
  • 商品を不便を便利にしたら
  • 商品を逆から見たら

結合:組み合わる

  • 商品のライバルと手を組んだら
  • 商品に似たものと手を組んだら
  • 商品と利用シーンを組合せたら
  • 商品をユーザが使ったら
  • 商品にギャップをつくったら
  • 商品が集まったら
  • 商品に体験を組合せたら


求められているのは考え抜かれた商品だ。
(アップル創業者:スティーブ・ジョブズ)